消費者金融のプロミスはお金を借りやすい?

消費者金融というのは銀行と比較してお金を借りやすく数年前までは、本当に簡単な手続きで借りることができました。

その頃は、現在のようにきちんとした法整備が確立していなかったため規定よりも高金利で借り入れていた人がたくさんいました。

これが、いわゆる過払い金というもので多く払い過ぎた金利のことを意味します。

過払い金は取り戻すことができるのですが、過払い金の払い戻し請求には期限があるので注意が必要です。

完済日から10年経ってしまうと時効となり請求権を失効しますので身に覚えのある人は過払い金請求に長けてる法律相談事務所に相談しましょう。

消費者金融は貸金業と言う法律で規制されていますから銀行法とは異なります。

金融業において貸金業法と銀行法の一番大きな違いは貸金業法には融資金額の制限がある総量規制があることです。

総量規制というのは、年収の三分の一を超える金額の融資を禁じているもので総量規制によって、借り過ぎを抑止する効果を目的としています。

そのため、専業主婦などは消費者金融を利用しようと思っても仮審査の時点で却下されてしまいます。

その一方で、銀行は銀行法によって規制されているため総量規制はなく、専業主婦でも借りることができます。

消費者金融のプロミスと言うとサラ金や怖い人というものが連想されあまり近寄りたくないと思う人が多いです。

バブル崩壊期してまもなく、怖い人の取り立てや時間などお構いなしに自宅へ押しかけ恫喝をしたり乱暴な取り立て行為が横行していました。

現在は法律が改正されたことにより銀行傘下に入る企業が多くなりブラック企業のイメージは払しょくされつつあります。

最近では、テレビ・ラジオCMに人気タレントを起用したり借金を意識させない内容にして、消費者金融のイメージアップが成功してきています。

一方でCMの内容がイメージ戦略に偏りすぎてしまって意味不明とか何のCMだか分からないという不満の声もあがっています。

消費者金融のプロミスのキャッシングの審査は割と通りやすいため審査に落ちる人には、それなりの理由があると思います。

まず、過去に自己破産をしてしまった人や返済が間に合わなかった事がある人はブラックリストと言って、金融業界では要注意人物としてマークされます。

また、貸金業法に基づいた総量規制という年収の3分の1を超える借り入れはできない規則に抵触している可能性もあります。

要は、年収300万円の場合、100万円が限度額ということになりますが、その人がすでに50万円の借入している場合は新規のカードローンでは50万円が限度額となります。

又、複数の金融業者から借金がある人は多重債務者と言って、どの消費者金融でも審査に通るのは難しいと言えるでしょう。

一般的に消費者金融のプロミスのキャッシングの金利は銀行プロミスのカードローンよりも高金利になっていることが多いです。

消費者金融のキャッシングの金利は3.0%から18.0%程度なのですが銀行カードローンは1.9%から14.5%(楽天銀行)ですから、かなり低金利なことが分かります。

最大貸出限度額は消費者金融のプロミスの場合は500から800万円となっていることが多いですが銀行プロミスのカードローンは800から1 200万円と高額です。

(一部の銀行を除く)一方、銀行プロミスのカードローンは事業用資金に使えないなどの制約がありますが消費者金融のキャッシングは事業用資金として使用することを認めている場合が多いです。

又、銀行プロミスのカードローンの場合は同行に口座を開設するなどの条件が付きますが消費者金融の場合は預金機能はありませんので、取引銀行口座を自由に設定できるメリットもあります。

プロミスなど消費者金融で高い人気を獲得する要素としては金利が安くて、スピード審査、手続きが簡単などといった理由があります。

しかしながら、消費者金融は総量規制があるのでサービス内容で個性が出しにくく限度額に関しても借り手の経済力が左右するため、人気の要因ではないと思われます。

人気ランキング上位のデータを上げてみますといずれの消費者金融のプロミスも審査時間が最短30分であったり、金利は最大18.0%程度なので大きな違いはありません。

それよりも、スムーズに手続きが完了するかということや自動契約機や、提携ATMが多いことのほうが人気の秘訣のようです。

又、CMに起用される芸能人の好感度やCMから伝わる企業イメージというのも大きく影響しています。

消費者金融は借りる時はとても簡単に貸してもらえるけど返済が遅れると怖い人がやってくるというイメージを持つ人は多いと思います。

確かに以前は、法律を無視した強引な取り立てが多かったのも事実ですが近頃は消費者金融も法律を守るようなっていますので、そのような怖い目に合うことはありません。

金利は銀行プロミスのカードローンと比較すると高めですが提携ATMの数は銀行に勝っています。

借入や返済もコンビニなどで手軽に行えますしATM手数料がタダという消費者金融も多いので、銀行カードローンよりも利便性が高いと言えますね。

レディースローンを用意している消費者金融のプロミスも多いので女性の利用者も増えています。

ローンを組むことができる金融機関には銀行以外に、消費者金融やクレカでキャッシングするという方法があります。

昔は銀行からお金を借りるためには融資までに時間がかかっていましたが利益を獲得しています。

銀行と消費者金融の金利を比較すると通常は銀行の金利の方が低く、消費者金融のプロミスの金利の方が高いと言われています。

しかし、中には消費者金融よりも金利が高い銀行カードローンもありますからまんざら消費者金融のほうが高金利とは言えません。

現在の消費者金融のイメージはクリーンなイメージを抱かれている方も多いかと思いますがバブル崩壊の頃はサラ金や街金と呼ばれ、堅気の世界ではない感じがしました。

その頃はバブル経済真っ只中で金銭感覚がおかしくなってしまった人たちが多く簡単にお金を貸してくれるサラ金で借金を繰り返すという人が続出しました。

借りたお金には利子をつけて返さなければいけないのですが気軽に借金する人ほどお金に対する感覚がマヒしてしまっているので当然返済できるわけがありません。

当然、貸した側のサラ金や街金は全力で全額回収を迫ってきますので反社会的集団的な人たちと思われるかなり怖い人たちが暴力的な手段で取り立てを行っていました。

現在は当時のような乱暴な取り立ては法律で禁じられていますので昔のように玄関先で大声で怒鳴り取り立てるようなことはありません。

消費者金融のプロミスのキャッシングと銀行カードローンには両者それぞれ、メリットデメリットがあるので比較してみることにします。

消費者金融のメリットはずばり審査時間が早いといったことなどがありますが銀行プロミスのカードローンと比較した場合金利が高いことや、借入限度額が低いというデメリットもあります。

銀行は銀行法、消費者金融のプロミスは貸金業法という法律によって規制されているのですが貸金業法には総量規制があります。

これは、借金の増えすぎを止めるために設定された規制で借り手の年収の1/3を超える借り入れを禁止した内容です。

ただし、住宅ローンやマイカーローンのような担保を必要とするローンは除外されプロミスのキャッシングなどの無担保ローンに適用される規制です。

比較的簡単に借入ができるとされている消費者金融ですがその審査能力は目を見張るものがあります。

堅実で審査のハードルが高いというイメージが強い銀行カードローンですが、審査しているのは消費者金融のプロミス業者であることは、あまり知られていないですよね。

貸金業法が改正されたことによって大口融資ができなくなった消費者金融業者のほとんどは銀行グループの関連企業の傘下に入る道を選びました。

一般的なイメージでは銀行の方が賢そうと思うかもしれませんが審査の能力やシステムを比較した場合消費者金融の方が各段に上手(うわて)です。

銀行業務では業務の一部として金融も行っているだけなので融資を本業としている消費者金融の方が、与信審査の専門性が高いのは当然ともいえます。

消費者金融のキャッシングは簡単に借り入れることができ好きな時にATMから返済できるので手軽に利用することができます。

しかし、カードローンはとても便利な一方で住宅ローンなどといった融資額が大きいローン組めなくなることが心配されます。

特に住宅ローンは長期に渡って数千万円という大金を返済していくことになりますので借り入れる人は金銭的に安定していることが必須となります。

プロミスのカードローンの利用者は慢性的な金欠状態にあると判断され事前審査すら通過しない可能性が大きいです。

返済し終わっていてもローンカードを持っているだけで審査は不利に働きますので住宅ローンを組むことになった場合、プロミスのカードローンは解約しておいたほうが無難です。

住宅ローンは保証人や担保が必要となりますがプロミスのカードローンは担保や保証人不要の無担保ローンです。

住宅ローンとういのは長期に渡って返済するものですから返済期間中に問題が発生することのないよう、念入りに審査する必要があります。

これに対して、カードローンは住宅ローンほど大きな金額を借り入れるわけではありませんし、返済期間も長期ではありません。

そのため、個人の信用だけで借りることができますし保証人や担保も必要ありません。

何より、保証人を立ててしまうと審査に時間を要するためカードローンの良さであるスピード感が失われてしまいます。

お金を融資してくれるプロミスなど消費者金融は数多ありますが主に銀行とノンバンクに分類されます。

一般的にノンバンクというのは銀行以外の融資機関の総称で消費者金融のプロミスやクレカ会社、信販会社などがあります。

クレカ会社などは、商品代金の立て替えが主な業務となり利用限度枠内であればキャッシングサービスも受けることができます。

一方、消費者金融のプロミスは貸金業務専門の金融機関ですから利用限度枠内であれば何度でも借り入れと返済が可能となります。

銀行と消費者金融のプロミスの違いは何かというと、業務内容になります。

銀行は金融以外に為替や証券取引、保険など広範囲なことが挙げられます。

複数の消費者金融から融資を受けている人は多重債務者と言って金融業界からは目を付けられています。

急な飲み会や探してた欲しいものが見つかったなど予定外の出費で、生活費が全然足りない...ということがあると思います。

そんなピンチの時に救ってくれるのがプロミスのカードローンです!プロミスのカードローンならネットから簡単に申し込みができ担保や保証人も必要なく、スピーディーに借り入れることができます。

一度プロミスのカードローンを利用すると簡単にお金を手に入れられるので預金を引き出す感覚で、次々に借りてしまう人も多いようです。

預金感覚で引き出していると、あっというまに限度額に達してしまうため他のプロミスのカードローンと掛け持ちすることになりかねませんので注意して下さい。

引用:http://www.iconival.com/promise/henka.html