胃カメラと言いますと、怖いとか、苦手という人が大半だと思います。(汗)しかし、最近では医療の進歩もあって、胃カメラもどんどん小さくなります。そんなに苦しむ事なく検査することが出来るようになってきます。ここで、胃カメラについて、一度詳しく知っておくと良いですね。そうすると、皆さんの胃カメラへの恐怖心が和らいでくれると思います。(笑顔)<胃カメラについて>正式には「内視鏡検査」と言います。口から入れて、「食道」→「胃」→「十二指腸」の順に検査します。先端には、超小型カメラが付いています。胃の中の様子をモニターに撮して診察します。潰瘍の状態、胃潰瘍の原因とも言える「ピロリ菌の有無」などを調べることが出来ます。もし、胃カメラの検査している時、ポリープなどを見つけたら、その場で切除することも出来ます。また胃の一部を採取して検査することも出来ます。胃カメラと聞くと、尻込みしてしまいがちです。一度の検査で、胃の中の状態を見るだけでなくて、検査、簡単な手術まで行えます。ですから、ありがたいですよね。(笑顔)『レントゲン検査(X線検査)について』胃潰瘍の大きさ、潰瘍の周りの粘膜、胃壁、変形の様子を観察すると言う検査になります。小さな腫瘍が発見されても、胃カメラの様にその場で切除という訳にはいきません。そう考えると、我慢して胃カメラを飲んでおく方が安心ではないでしょうかね。(笑顔)!?医療技術の進歩によって、現在では細いもので0.5ミリ程度の胃カメラもあります。ですから、安心です。※検査にかかる時間は、5分~15分程度になります。胃カメラは、怖い、痛い、不安などのイメージが強いですね。ですから、一度検査しておけば、あとは安心と言うことです。(笑顔)

関連ページ